自分に合った小顔整形を選ぼう【沢山の小顔施術が用意されている】

メスを使わず顔を小さく

カウンセリング

それぞれの特徴や費用相場

小顔整形の中にはメスを使わない、いわゆるプチ整形という施術法もあり手軽に顔を小さくしたいという人に選ばれています。プチ整形で顔を小さくする場合、ボトックス注射か脂肪溶解注射、どちらかの施術から選ぶのが一般的です。ボトックス注射はエラが張っている人におすすめの施術法で、エラ部分にある咬筋という筋肉を薬の作用で小さくすることで、小顔を作るというのが特徴です。ボツリヌス製剤という薬剤は筋肉の動きを弱める働きがあり、咬筋に注入することで過剰な発達を抑えます。大きく張り出した咬筋がボツリヌス製剤の効果によって、動きが弱められ小さくなるためエラ部分が小さく、スッキリとシャープになるという仕組みです。脂肪溶解注射は名前の通り、脂肪を溶解つまり溶かすことで顔を小さくするという施術法で、頬やフェイスラインに脂肪が多くついている人に向いています。顔の脂肪は食事制限や運動といった基本的なダイエットで落とすことが難しく、脂肪で顔が丸く見えることにコンプレックスを感じている人も少なくありません。脂肪溶解注射を受けることで落としにくい脂肪が溶けて、最終的には老廃物として体外へと排出されるため、顔を小さくすることが可能です。費用の相場はボトックス注射の平均相場は1回につき約10万円、脂肪溶解注射は注射器1本分で8000円から、1万2000円程度となっています。傷跡が残るリスクが無い、そしてダウンタイムの心配も少ないことから、小顔整形はプチ整形で行いたいという人が増えています。顔に施術を行う小顔整形はメスを使う施術だと、どうしても傷跡が残るのではという不安が付きまといますが、プチ整形で顔を小さくする場合、注射での施術で済みます。傷跡が残ることはなく、さらに皮膚を切開・縫合するという大掛かりな手術を行わないため、日常生活に戻りやすいというメリットがあるのです。ただ、プチ整形で小顔になりたいという場合は特徴をしっかり把握して、納得した上で施術を受けなければいけません。顔を小さくするプチ整形としてボトックス注射は有名ですが、この施術は1回につき約半年から1年程度しか効果が持続しないという特徴があります。ボトックス注射でずっと顔をスッキリさせたいという場合、施術の効果が切れる前に次の施術を受ける必要があるのです。一般的に1年に1回程度のスパンで施術を続けると、エラ部分の筋肉を小さくする効果が持続すると言われています。脂肪溶解注射は1回のみの施術で顔の脂肪が取れたと感じる人は少なく、平均2回から3回ほどの回数、施術を受ける必要があります。1回だけの施術では考えていたような小顔効果を得られないかもしれませんが、2回・3回と続ける程に脂肪が落ち、シャープな印象になるようです。

Copyright© 2018 自分に合った小顔整形を選ぼう【沢山の小顔施術が用意されている】 All Rights Reserved.